2021.12.03更新

今年も残り2ヶ月,11月になってだいぶ冬らしくなってきましたね。

今年も残りわずかですが、年初にたてた夢や目標は順調に進んでいるでしょうか?

 

さて、今回は予防とメンテナンスの話です。
なぜ予防とメンテナンスが重要なのかというとこの表を見ると一目瞭然かと思います。
80歳になったときに歯がどのくらい残っているかという各国のデータです!!

grf

 

予防の先進国と言われている90%以上の人が3ヶ月に1度の定期検診、クリーニングに通うスウェーデンの人は80歳になっても20本の歯が残っています。
それに比べて日本はたった2%しか定期検診、クリーニングに通っていなくて、80歳になったら平均8本しか残っていません。


他の国も定期検診、クリーニングに通う割合が多い国ほど残る歯の本数は多いんです。
もちろんスウェーデンはメンテナンスだけでなく、小さいうちに歯列矯正を行っていてもともと歯並びを良くしているのでこういう結果になっているのもその一因と考えられます。

 

話は逸れましたが、自分が80歳になった時に歯が20本ある場合と8本しかない場合を想像してみてください。
20本とは前から数えて5番目までの歯が全てあるくらいの本数で、8本って前から数えて2番目までの歯しかないくらいの本数なんです。

 

いくつになっても、いつも笑顔が素敵ですね!って言われたいですよね!

歯の定期検診、クリーニングで自分の歯を大切にしましょう!

 

Dr.勅使川原

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

エス歯科クリニック045-848-3888