2021.12.10更新

皆さん、こんにちは。

今日は子どもの歯の成長についてお話します。
子どもの歯ってどうやって成長していくの?と疑問に思ったことあると思います。口の中の健康はとても大切なので、正しい知識を身につけましょう。

 

生え変わり時期についてです。
・0ヶ月〜1歳頃
 歯が生え始めるのは生後約6ヶ月を過ぎた頃からです。まずは子どもの歯についてママが関心を持つことが何より大切です。1歳半までには上下の前歯がそろってきます。

 

・1歳〜2歳半頃
 奥歯(第一乳臼歯)が生え始める。奥歯は磨きづらいので仕上げ磨きが重要です。

 

・2歳半〜3歳半
 犬歯、奥歯(第二乳臼歯)が生え、20本の乳歯が生えそろいます。特に奥歯に関しては歯と歯の間にフロスを通して磨いてあげる必要があります。歯と歯の間は虫歯ができやすいからです。

 

・6歳頃〜
 乳歯が抜けて、永久歯が生え始めます。乳歯は自然と抜けてきますが、無理やり抜かないようにしましょう。自然と抜けない場合は歯医者に相談してください。

 

 では乳歯の抜ける時期と永久歯の生える時期を図で見てみましょう。

 

 

abcde

 

6歳頃に永久歯が生えてきます。そして親知らずを除いたら14歳頃までに28本の永久歯が生えそろいます。

 図の時期はあくまで目安ですが、時期になっても乳歯が抜けないとか永久歯が生えてこなければ噛み合わせを含めてぜひ一度エス歯科クリニックに相談に来て下さいね(^^)

 

 歯科医師  金 漢俊

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

エス歯科クリニック045-848-3888