2021.10.29更新

今日はタフトブラシについてのお話です。

タフトブラシとは毛束が1つのヘッドの小さな歯ブラシです。 普通の歯ブラシでは毛先が届きにくいところの清掃に適していて、歯ブラシでみがいた後、タフトブラシを併用することで、みがき残しやすい「歯と歯の間」や「歯と歯肉の境目」のプラーク(歯垢)を除去することができます。

 

tft

 

歯ブラシの毛先が届かないところに使用するのがオススメです。

 

brs 

例)

①歯並びが混みあってて歯ブラシが当てづらいところ

②1番奥の歯の後ろの面

③矯正装置のまわり

④前歯の裏側

⑤被せ物のまわり

⑥背の低い親知らずや、生え途中の歯

 

など磨きづらいポイントに使っていただくと

よりお口の中をしっかりケアできます。

 

使い方は歯ブラシと同じように

「鉛筆持ち✎」で持って磨きにくいところに優しく当ててあげて下さいね。

毛先が開いてきたら交換のタイミングです。

 

お口の中の事で気になる事や、日頃のお口のケアで分からないことがあれば是非いつでもご相談ください

 

DH竹内

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

エス歯科クリニック045-848-3888