2021.01.22更新

こんにちは(*´∀`*)

 

最近はインフルエンザも流行ってきましたね( ;∀;)

そこでインフルエンザの予防について

お話していきたいと思います!

 virus

それは、「歯みがき」をすることです。口の中にある細菌、特に「歯周病菌」はインフルエンザウイルスの感染力を高めることが分かっています。

 

☆ 感染のメカニズム

 一般的に風邪は細菌かウイルスのどちらかが原因で発症しますが、メカニズムが異なります。細菌は粘膜に付着するだけで、炎症を起こし、のどが痛くなったり、熱が出たりします。一方、ウイルスは粘膜に付着しただけでは発症しません。細胞の中へ入り込むことで感染します。

 

インフルエンザウイルスの表面には「ヘマグルチニン(HA)」と「ノイラミニダーゼ(NA)」という2つの酵素があります。口からインフルエンザウイルスが入ると、HAがのどなどの粘膜の細胞にあるシアル酸にくっついて細胞内へ入り込み感染します。そして、2つ目のNAが、感染した細胞とHAの結合を切って、複製されたウイルスを遊離させ新たな細胞へ感染を拡大させます。このようにしてインフルエンザウイルスは感染し増殖します。

 

☆ 歯周病菌がウイルスの活性化を促進

 歯周病菌がもつタンパク分解酵素は上述したウイルスのHAに作用してウイルスを活性化させ、インフルエンザにかかりやすくなります。さらにインフルエンザ単独での細胞への感染よりも、歯周病菌が加わった場合の方が感染が拡大することが分かっています。

 また、歯垢に棲みつく歯周病菌は、抗生物質などの薬や体の免疫細胞でも撃退することができません。歯周病菌は、歯垢ごと歯みがきで除去するしかありません。

 この歯周病菌を除去して、インフルエンザを予防するためにも日頃からお口の中を清潔に保つことがとても重要です。

 

もちろん手洗いうがい、マスクの着用も大事ですが

歯磨きも効果的なのがわかっています♪

寝る前や朝起きた時の歯磨き、また舌の上の清掃も大事です!また歯ブラシも1ヶ月に1回くらいのペースで交換していきましょう!

 family

歯科衛生士 江副

entryの検索

カテゴリ

エス歯科クリニック045-848-3888