2022.07.29更新

7月29日(金)30日(土)31日(日)の3日間、8月2日に新規オープンするエス歯科クリニック横浜みなとみらい院の内覧会を開催中です!glitter

 minatomirai

 

予約等は不要ですので、お気軽にお越し下さい。

来院した方には歯ブラシ・歯磨き粉・デンタルフロスなど素敵なプレゼントをご用意してお待ちしておりますglitter3

 

 minato

 

普段見れない歯科医院のオペ室の内装や設備紹介もしていますので、この機会に是非お越しください!

インプラント・マウスピース矯正の無料相談も実施しています。tooth

 

 minato9

 

エス歯科グループがオフィシャルデンティストとして歯科分野のトータルサポートをしている横浜FCやプロボクサーの井岡一翔選手のスポーツコーナーも設置しています!

 

minato8

 

皆さんのお越しのお待ちしておりますglitter

 

minato4

 

クリニックが入っている横濱ゲートタワーのアクセスは、みなとみらい線「新高島」駅 新出口 出てすぐ、「横浜」駅 からはG出口 徒歩3分

球体プラネタリウムが目印です!

 

minato6

 

minato7

 

2022.07.22更新

虫歯ができ、進行すると、歯医者では歯の神経治療を行います。

『根管治療』とも呼ばれるもので、字の通り歯の根の治療です。

 

根管治療は虫歯が進行して歯の内部の神経にまで感染が進んでしまった場合に行う治療です。


1

 

特殊な器具を使い、歯の内部の感染物質を取り除くこと、根の先端に出来てしまった膿の袋を無くすこと行います。

 

 

2


しかし,上のイラストのように歯の内部はかなり複雑な構造をしており、千差万別、同じ個人でも同じ根管形態なことはありません。

加えて、歯の大きさは平均して幅11mm程です。

小さい歯のさらに内部の治療です。

歯の根管治療、大変な治療に聞こえてしまったでしょうか?

 

当院では①CT、②マイクロスコープという道具を用い、一見大変そうな治療を適切に確実に行なっております。

今回はこの二つの機材についてご紹介します。


①CT

3

 

CT撮影と言うものは精密なレントゲン撮影です。これを行うことで1本1本の歯の形態を正確に知ることができ、口腔内から見ることができない複雑な根形態も把握することができます。

 

②マイクロスコープ

根幹の形態を把握したら後は感染物質の除去を行なっていきます。
小さい歯のさらに小さい内部の状態を肉眼で確認するには限界があります。そのためマイクロスコープという機材を用い、最大肉眼の32倍という高倍率化で根管内を目で見て確認します。

4


これらの機材を用い、正確な診断の上で根管治療を当院では行なっています。
歯にお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

歯科医師 安倍

2022.07.13更新

こんにちは!

 

エス歯科グループがオフィシャルデンティストとして歯科分野のトータルサポートをしている井岡一翔選手の試合が本日(7/13) 大田区総合体育館にて開催されます。

 ioka73

 

今回で5度目の防衛戦となるWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔選手は同級1位で「世界4階級制覇」の挑戦者ドニー・ニエテス選手と激突します!

 

井岡選手はエス歯科グループで作成したスポーツマウスガードを着用して試合に挑みます!

mouse

 

試合は、7/13 21:00よりTBSにて放映されます。

エス歯科グループのロゴが入ったマウスガードにも是非注目してみて下さい。

 

エス歯科グループも全力で井岡選手を応援します!

ioka7

 

ioka72

2022.07.01更新

こんにちはni

 

《口内炎》みなさんも一度は経験した事があるでしょうか。

 

ko

 

口内炎は誤って粘膜を噛んでしまったり、 入れ歯が擦れて当たってしまったりする刺激によるものや、疲れ、 睡眠不足など体力の低下によるもの栄養不足など、 原因は様々です。

 

ビタミン(特にビタミンB群) が不足すると口内炎になりやすくなるので普段からバランスの良い食事を心がけ免疫力を高められると予防にもつながります(^^)

 

《ビタミンB群を多く含む食材》
カツオ、マグロ、サバなどの魚、レバー

 

また、口腔内の衛生状態が良くないと口内炎の治りが遅くなるので、こまめな歯磨きとうがいをして口腔内を清潔に保てるようにしましょう!nico

 

歯科助手 鈴木

2022.07.01更新

こんにちはni

 

《口内炎》みなさんも一度は経験した事があるでしょうか。

 

ko

 

口内炎は誤って粘膜を噛んでしまったり、 入れ歯が擦れて当たってしまったりする刺激によるものや、疲れ、 睡眠不足など体力の低下によるもの栄養不足など、 原因は様々です。

 

ビタミン(特にビタミンB群) が不足すると口内炎になりやすくなるので普段からバランスの良い食事を心がけ免疫力を高められると予防にもつながります(^^)

 

《ビタミンB群を多く含む食材》
カツオ、マグロ、サバなどの魚、レバー

 

また、口腔内の衛生状態が良くないと口内炎の治りが遅くなるので、こまめな歯磨きとうがいをして口腔内を清潔に保てるようにしましょう!nico

 

歯科助手 鈴木

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

エス歯科クリニック045-848-3888