2024.07.11更新

 

こんにちはrabbit

歯科衛生士の栗田です。

今回は理想的な歯磨きの回数や、所要時間についてです。

 

歯磨きは、まず始めにデンタルフロスや歯間ブラシを使用し、その後最低3分間は磨けると良いです。

 

どちらが先かという順番に決まりはありませんが、歯磨き前に歯と歯の間をケアする事で、歯垢除去が効率的に行えるといわれていますglitter

 

a

 

・何故3分間は磨いた方がいいのか?

フッ化物配合歯磨剤を使用した場合、30~180秒の間はお口の中のフッ化物量が増加します。

つまり、虫歯予防に必要なフッ化物が最も効果が出るのが3分という事です。

また3分磨いて、フッ化物を最大にすると、その後1時間ほど濃度が高い状態で維持されます。

3分とは虫歯予防のフッ化物を最大利用するための時間です。

 

b

 

あまりに長時間行う歯磨きは、歯や歯茎を傷つけたり、知覚過敏の症状を引き起こす場合があります。気を付けましょう。

 

また、ライフスタイルによって歯磨きに時間をかけられない方もいらっしゃると思います。

どうしても食後に歯磨きが難しい場合には、口をゆすいでできる限り食べかすを取り除いたり、洗口液であるハビットプロなどを使用して殺菌することも効果的です。

 

 

自分のお口の状態に合う歯ブラシ選びと磨き方ができているかどうかも大切です。

歯磨きを丁寧に行い、虫歯を予防しましょうni

 

 

歯科衛生士  栗田

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

電話番号
電話番号