2021.07.30更新

こんにちは!
みなさんは今の自分の前歯に満足していますか?
古くなった補綴物そのままにしていたり、気になっていたけど機会がなかった方など、今マスクをしているうちにやり返してみませんか?


虫歯治療で歯を削ったとき、その大きさによって詰め物または被せ物を製作して歯を補います。補う部分が小さいものが「詰め物」、歯冠部分をすべて覆うものが「被せ物」です。
詰め物・被せ物の素材にはさまざまなものがあり、従来保険治療で使用されてきた金属の材料以外にも、自費診療で白いジルコニアやセラミック素材を選べば、自然で美しい見た目を回復できます。ジルコニアやセラミックは美しいだけでなく、金属アレルギーのリスクがなく体に安全な上に、汚れがつきにくく、虫歯の再発リスクを防げるため長持ちする素材です。


この患者さんは、元々硬質レジン前装冠が入っていましたが、ジルコニアでやりかえた患者さんです!レジンは着色してしまうので、だいぶ着色していて、とても気になってたようです。

b1

a1

 


この患者さんは前歯に大きい虫歯があり、神経治療をして、土台を建ててからセラミックでやりかえた患者さんです。

b2

a2

 


特に前歯はニコッと笑った時に見える1番大事な場所なので、気になる方は是非ご相談ください!

 

小嶋

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

エス歯科クリニック045-848-3888